クイズとゲームを愛でる日々。

ネットワーク対戦クイズAnswer×Answerのプレイ日記を主に。たまに人狼クイズ村とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

カード奪取はいらない子?

 軽く5ゲーム。決勝で2度投げられたのを含め、何故か5回もカード奪取がありました。今日は軽くカード奪取について考察など。

 いくつかあるクイズ形式のなかでも、特異な存在感を放っているカード奪取。「正解だと分かる=押す」だけが全てではない、微妙な戦略性の高さが持ち味ではないでしょうか。例えば、3枚誤答の後の4枚目の連打合戦は、覚えのある人も多いのではないかと思います。
 しかし、カード奪取の真髄はそれだけには留まりません。例えば残り数秒。次の問題に行くかどうか、ぎりぎりの場面。20点リードで10点問題。次は20点。つまりまだ逆転負けの可能性があるとします。ここで1枚目に全く分からないカードが出てきたらどうしますか?
 考えうる悪い方向のシナリオとしては「押して誤答」「押されて正答」のいずれかでしょう。両方のパターンを考察してみます。まず「押して誤答」の場合。自分が押すことでゲームの進行が止まり、時間のロスが発生。そしてそのまま10点問題続行です。「このロスで次の20点問題に進まなくできる」のならば、押すことで「最悪引き分け」の状況を確定できるわけです。逆に「押されて正答」ならばどうなるか?10点差に詰め寄られ、次の20点問題へ突入。逆転の可能性が残ってしまいますね。
 状況として、どちらを選択すべきかは異なるでしょう。しかし引き分け上等の状況ならば、「1枚目を分からなくてもとりあえず押してみる」のは戦略上取り得る選択肢です。
 また、「3枚目無条件押し」も「20点問題全押し」も状況次第ではありでしょう。点差、残り時間、ジャンル構成を全て把握した上で最善手を導き出すのはかなり頭を使う作業です。そして、そんなとこに頭を使っているとカードへの反応が遅れたりして…実に難しい。

 そんな戦略性の高いカード奪取ですが、決勝で選ぶ人は少ないですね。やはり4枚目連打がいかにも「運ゲー」ぽいのが嫌われる原因でしょうか。私も正直言ってあまり好きでは…というかぶっちゃけ要らない子だと思ってます。
 ゲームのルールとしては、非常に面白い試みだと思うんです。しかし、挑戦的すぎてルールに穴が多すぎる…。どうすればより良くなるのかあまり良いアイディアはありませんが、何らかの改善が望まれるところではありますね。カード枚数を4枚に制限せず、突然3枚で終わったり5枚目が現れたりすれば面白いのかな…。正解を必ず一つ含むという設定自体は、私は間違っていないと思うのですけどねえ。

 ついでに、瞬時に正誤を見分けるコツも少々。っと偉そうに言うほどのこともないですが。「解答候補を常に頭に思い浮かべておく」のはかなり重要であると思います。表示された文字を見てから正誤の照合を行う場合、私だとどうしても最短0.9秒ほどは必要です(速い人はもっと速いでしょう)が、予め予想しておいた解答がカードとして出現すれば、0.6秒から0.7秒ほどで押すことができます。これならば、見る前に押してくる相手以外には押し負けないはず…。

 …ま、そんなこんなでカード奪取について思うところをまとめてみました。何かご意見などありましたら是非お願いします。「いやそれはおかしいだろ」とかツッコミ歓迎ですよ。
はいはい前回の続き。
10日12日13日15日17日
順位4-5-0-23-4-5-14-3-2-28-1-1-14-0-1-0
対人勝敗25勝15敗2分16勝18敗6分18勝15敗7分27勝8敗5分13勝5敗1分
超人強度-22万-46万-24万+38万+19万
早押し6勝6敗5勝12敗6勝7敗1分9勝5敗2分6勝1敗
ビジュ3勝1敗2勝1敗3勝6勝1勝
爆破5勝3勝1敗1分2勝3敗1分2勝対戦なし
連想4勝1敗1分2勝1敗1勝1敗2分4勝1敗1分2敗1分
多答1勝1敗2勝1敗1分1勝2分2勝1分1勝
虫食3勝1敗2勝1敗2分2勝3敗1分2勝1敗1勝1敗
奪取2勝3敗1分1敗2分3勝1敗2勝1敗1分4勝1敗
対プロ戦3敗1勝5敗2勝1敗1分2勝1敗1敗

 やはり早押しが安定すると成績も安定しますね。とか言いつつ3位落ちが一度ありますけど。そして今日のどきどき対決は1試合だけ!

vs ゆ~氏
 とうとうランキングですら名前を見た覚えのない名前のプロアンサーの方が。層が厚くなってますね。対決はカード奪取。今日5戦したうちの唯一の敗戦でした…。序盤リードしたのですが、最後にきっちりまくられてしまい。やはりカード奪取は いらない子 戦い方が難しいですねえ。その後の連想にも負けて3位落ち、決勝でのリベンジチャンスは得られませんでした。

テーマ:ネットワーク対戦クイズAnswer×Answer - ジャンル:ゲーム

Answer×Answer | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<戦績だけ軽く。 | HOME | やっとまともに戦えるようになった。>>

この記事のコメント

はじめまして。ガンダルフと申します。
知人より教えてもらい、お邪魔しました。

で、一応、言い訳。
2chの疑惑、自虐ネタというより、あの勝率で強いとも言えるわけも無く・・という状況でしたので。
今はもっと酷い状況ですが(=プロ最弱)。
因みに、リムリアさんに限らず、プロ相手は全て苦手で、ダイブしまくりです。

まあ、自業自得で色々と言われてますし、AN×AN最大?のヒール、下克上ボーナス支給者(あと僅かの間)としてやっていきます。

閑話休題。

対人勝率ですが、以前、セガさんには算出方法の開示をメール(順位確定方法・同タイム時の扱等も合わせ)しました。
結果は、見事なまでの玉虫色の回答でした。

で、セガへ要望する根拠?として、こんな仮説を立てみました。
是非、リムリアさんの意見をお伺いしたく、長文・駄文ではありますが、失礼させて頂きます。

<仮説>
 a.最新100クレ分のプレイデータを取得
    ↓
 b.100クレ中の該当クイズ形式の対人回数を取得
    ↓
 c.bで取得したプレイ数を分母に、そのうちの勝利数を分子に勝率を算出


 ※クイズ形式別“100戦”を分母とすると、必ず割り切れるので、少数点以下は全て“.00”となるはず。
 

この推測通りだとしますと、形式ごとに分母が異なるようになりますし、プレイオフ進出の有無や予選のクイズ形式により、個人差が出て、かなりの影響を受けます。

例えば100クレ中、『早押』が2回ずつあった場合、『早押』の分母は“200”となりますが、その次のプレイでは、『早押』が1度しかなかった場合、最新100クレでの『早押』の分母は、“199”となります。
また100クレ中、『ビジュアル』が最初の1プレイ中の1回だけで、負けとすると勝率は0/1となり、0%だが、次プレイで2回目の『ビジュアル』を行い、勝ったとすると勝率は1/1の100%となってしまいます。
もし、このような算出方法だとすると、上記のようにプレイオフ進出数、予選の形式によって、各形式ごとのプレイ回数の個人差が大きくなり、勝率があてにならなりません。
(最大分母は、予選で早押し×2+決勝早押しの300。最小は、ビジュアルで0)


100クレが、200クレ等かもしれませんが、“勝っても勝率ダウン”“負けても勝率アップ”“やってない形式で、勝率変化(特にビジュアルは、決勝のみなので、影響大)”の現象の説明としては、成り立つんではないかなと思ってます。

あと、奪取の正答率・誤答率の算出方法もが、今、一番気になっている疑問です。
1問でお手つき×3しても、誤答率300%とならないので、1問につき、誤答は1カウントしかされないのでしょうが、GPはきっちり×3されます。
又、誤答後、正答をとった場合はどうなるかが?です。
お手つきありの連想・ビジュアルも同様ですが…。


以上、長文失礼しました。


             ~灰色のガンダルフ
2007-08-19 Sun 21:02 | URL | 灰色のガンダルフ #-[ 編集]
連続ですみません。
既にご存知であれば、釈迦に説法、大変失礼致しますが、ご容赦くださいませ。

GPレベルについてですが、どんなに誤答をしてもレベルダウンはありません。
566GP(レベルMAX)から、誤答×3してもGP据え置きです。
600GPから、誤答×6しても566GPでカンストです。
これは、レベルが9や8でも同様です。

ただし、停電等でのリセットはレベルダウンがありえます(GPが一律約30pほどダウンします)。

また、GP減算ですが、先に×-1.0%し、小数点以下の切捨てを行ってから、誤答回数を掛け、正答数と合算して値を求めているようです。
【例:750pで、正答1・誤答×3の場合】
 750×-0.01=-7.5≒-7p
 -7×3+1=-20p(最終値)

ただし、多答FINについては、+2p扱のようです。

これについては、自分自身で検証し、裏も取っているつもりです。
お陰でダイブ癖がつき、GPが全く伸びません…。
ジャンル別ランキングは遠い存在になりそうです。
そして、全国ランキングも・・・・。
2007-08-19 Sun 21:22 | URL | 灰色のガンダルフ #-[ 編集]
ようこそお越しをー。
普通にお越しくださる分には大歓迎ですが、2chの件についてはここへ持ち込まれてもコメントできかねますのでそこいらはご理解いただけますか。

で、否定するだけになって恐縮ですが、その仮定でしたら否定できるデータをこちらで持っています。
(というか、これまでに私が掲示しているデータだけでも否定できてしまうのですが)

これまでにいくつか出しているデータをご覧頂ければ分かると思いますが、
「サブカに関して、早押しだけがまずズレ始めたが、他の形式はずれていない」
ちなみに79クレ(早押62勝23敗引き分け不明)までは誤差なし、80クレ(同63勝23敗)からずれています。
「過去○クレ」という参照の仕方であれば、このような結果は出ないでしょう。
なお、現在は108クレですが、依然として早押し以外の形式での勝率誤差は認められません。

実際の所、1クレ目からの完全網羅データが残っているわけではないのですが(そのため各形式の引分数は不明)、
勝敗数はまず間違いないと考えています。↓をご参照下さい。
http://limria.blog112.fc2.com/blog-entry-36.html
早押しは最新75勝29敗で69.87%の表記(最終戦の勝敗は未加算)。
あくまでも推測ですが、これは58勝25敗の勝率と一致していることから、全データから17勝4敗分がデータから脱落したものだろう、と考えています。

また、こちらのデータから考える限り、「対人勝率(総合)では引き分けは負けカウント」ですが、
「形式別勝率では、引分は勝ちにも負けにも加算されない」と思われます。
(少なくとも各形式で数十戦以内の場合はそうです)

1戦ごとの勝率の推移を追跡したデータの分析結果もありますが、それは後ほど記事にまとめたいと思います。
2007-08-21 Tue 00:12 | URL | 竹林 #-[ 編集]
ご指摘の件、誠に申し訳ありません。
気をつけます。

勝率については、自分の仮説が
誤りであったことが分かりました。

どうも、ありがとうございました。

2007-08-21 Tue 08:55 | URL | 灰色のガンダルフ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。