クイズとゲームを愛でる日々。

ネットワーク対戦クイズAnswer×Answerのプレイ日記を主に。たまに人狼クイズ村とか。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Answer×Answer店舗大会inモアイ大宮店。

 小学生の遠足のノリで潜り込んだモアイ大宮店。そのときの様子を忘れないうちに記しておこうと思います。

 まずは9時過ぎに申し込みを済ませ、11時まで調整プレイ。このときは比較的調子も良く、前日吐き出したパワーを回収。途中この店を本拠地としているリィガさんが来られ、あまり経験のなかった店内対戦の練習相手になっていただきました。その後早めのお昼を済ませて12時頃会場に戻ると、筐体周辺は既に人の山。なるほど32人ともなれば大変な人数です。6月の渋谷でお会いしたくさいあしさんと再会したり、中にはアンアンのパイロットのコスプレ姿の人もいてひとしきり盛り上がったり。

 さて、貼り出された参加者に、ランカー服は私を含め5人。プロアンサーは恐らく過半数。ひどい面子だなあとぼやきつつ、まずは事前のペーパーテスト。20点満点でしたが定番問題が多めの構成だったのでしょうか?そういうのに弱いのはQMAでも実証済のこと、トップが16点(14点以上が8人くらい?)でしたが私の点数は11点でした。

折角なのでそのなかから一問抜粋。
【問題】
童謡「いっぽんでもにんじん」に出てくるもののなかで、空を飛ぶのはハチと何?
【私の回答】
七面鳥(自信たっぷり)

七面鳥は飛ばねぇよ…

今回の大会は1対1のトーナメント戦。同点の場合が困るので、そのときだけペーパーテストの優劣で勝敗を決めようというものでした。ペーパーの悪い私はとにかくドローではなく勝ち切らなければなりません。

第1回戦 しもつきんさん
ドキドキのエントリーの結果、発表されたクイズ形式は「多答→早押」。一番苦手の多答が入り、しかも始まってみると開始3問がエンタメ問題…なにこれ新手のいじめ?4問目が趣雑か漫アゲだったように記憶していますが、多答なんて4問目まで行きませんよ>< いきなり泣きそうでしたが、なんとか1問確保して10対20で多答を終了。
そして始まった早押しクイズ。店内対戦でも通常通り、6問目以降は2倍問題になります。序盤~中盤、押しつ押されつ間違えつ、気づいてみれば残り15秒、点数は0対20…。完全に終戦モードでしたが、ラスト2問の2倍問題を連取して40対20。多答との合計でも逆転して勝ち残ることができたのでした。
1.0ならば負けていたところ、1.1になり2倍問題の出題が早まった&連続になったという変更点に拾われた結果に。なんとも申し訳ないやら…。

第2回戦 ブロックさん(四桁プロ)
ここでランカー登場、これまで幾度もビジュアルでしのぎを削ってきたブロックさんとの対決となりました。出題形式は「ビジュアル+早押」に。ここでビジュアルってアンアン空気読みすぎですから!
というわけでまずはビジュアル。果敢に攻めるもお手つき、肝心なところで押し負けといきなり0対30の展開になりましたが、後半は逆に押し勝って30対30のイーブン。早押しでの決着となります。その早押しは、前半リードを奪うことでお手つきを誘うことができ、50対0での勝利となりました。

第3回戦 Bergenさん(三桁プロ)
こちら、前述のパイロットコスプレイヤーさん。サングラスにヘッドマイク、服装もばっちり決めていてこれはお見事。写メでも撮らせて貰えばよかったかな。そんなBergenさんとの対戦は…なんともはや、みっともない試合に。形式は「早押+奪取」。最初の早押し、中盤まで終えて20対20の同点だったのですが、ラスト2問の2倍問題。問題が表示されて確定ポイントでぽーん!…あれ?題意が全く分からないよ?ブブー。40点差。その次、同じく重要キーワードが出た時点でぽーん!これはどうみても定番問題…ブブー。あれそっちに分岐しちゃうの?80点差。
2問でわずかに十数秒。この短時間で同点から80点差にしてしまったわけです。ここが1.1の恐ろしいところ…。こうなってしまっては奪取で80点差など詰められるわけもありません。ダイブ気味に押して残り35秒で90点差に広がって2倍問題、1枚目を見ないでぽーん!ブブー。これで勝ちの目が万に一つからゼロへ。最終的に奪取は-10対40で終わりました。

3回戦を終えて、勝ち残りはBergenさん、リィガさん、蒼崎サードさん、桃白白さん。4人でのリーグ戦を行い、上位2名のプレーオフを経て、優勝Bergenさん準優勝リィガさんで幕を閉じたのでした。開始前からコスプレで話題を浚い、最後は自分で優勝までしてしまうという正に一人舞台。おめでとうございますー!

今日の結果まとめ
1回戦多答:10対20 早押:40対20 合計:50対40
2回戦ビジ:30対30 早押:50対0 合計:80対30
3回戦早押:-20対60 奪取:-10対30 合計:-30対90
 1回戦は2倍連打に救われ、3回戦は2倍問題に足元を掬われました。1.1稼動後に早押しの勝率を大きく落としているのはこのせい(2倍問題への意識が甘い)だと分かっていたのに、事前の練習対戦でも2倍問題の危険性は十分認識できていたのに、いざあの場では全く考えが至らず、不用意にぽんぽんと押してしまった軽率さは笑うしかありません。その後の戦いを見ても真っ向勝負でどうにかなった相手だとは考えにくいものの、やっぱり悔いの残る結果ではあります。

 終了後はリィガさんの仕切りで希望者が集まってカラオケルームでの実機早押し会。今回の大会参加者にも多数混じっておられたクマヌシ会というクイズサークルの皆さんが、私を含めた素人軍団に早押し機を触る場を提供してくれた、という形でした。どこから用意されたものやら、アンアンのプリントTシャツなども頂戴し、良い様にもてなされる一方に。同じ参加者同士だったのに面目ない話です。

 その後、帰り着いたときには23時を回っておりました。へとへとになりましたが楽しく過ごさせていただきました。一緒に遊んでくれた皆様、どうもありがとうございました。
anan.jpg

これがそのTシャツだ!
次にこういう機会があったら、これを着ていかねばならないだろうか…。
Answer×Answer | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<減らないミスと減るGP。 | HOME | 小学生の遠足。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。